シミに効果的な飲み薬 (市販薬編)

シミを消す効果が認められた市販薬の飲み薬は、ドラッグストアやWEB通販でも多く存在しています。しかし、そのレビューや口コミは、すこぶる悪いようです。では、本当に効果はないのでしょうか・・・?いいえ、そんなことはありません。シミ対策の市販薬は、「すでに出来てしまったシミをターオーバーにより消していくと共に、新しくシミを作らせない」事を期待して服用するものです。ですから、即効性をあまりにも期待して服用して、「効果がない」とあきらめるのは、もったいない限りです。ぜひ正しく理解して活用したいものです。飲み薬だけでシミが消えたって人も大勢いますし、飲まないよりも飲んだ方がシミが早く消えるのは当然だと言えます。

そもそもメラニンは、私たちの肌を守るために作られるもので、表皮と真皮の間にある基底層でバンバン製造されます。その理由は「真皮」にまでダメージを到達させまいとしてバリアを作っている防御反応なんです。もしダメージが真皮にまで及ぶと、美白化粧品単独でシミを消すのはほとんど不可能になるかもしれません。(※真皮のターンオーバーは、健康な人で5年以上と言われています)

では、くわしく解説してみます。

美白サプリメント市販薬

 

シミ対策の飲み薬(市販薬)の効果成分

市販薬の飲み薬には、シミを薄くするために有効なビタミンCを中心とする各種ビタミンや抗酸化作用に優れた成分が配合されています。各社それぞれに成分や配合量に特徴はありますが、シミ対策にどうしても欠かせない重要な成分はほぼ同じです。ビタミンCとL-システインが2大成分となっています。

 

 ビタミンC(アスコルビン酸) 

食べてよし!肌につけても良し!アンチエイジングに欠かせないビタミンCは、シミに効果を及ぼす市販薬(医薬品)には「アスコルビン酸」として配合されています。ご存知の通りビタミンCは、摂れば一時的に血中濃度が上がるのですが、水溶性なので2~3時間で尿と共に排出されてしまうため、1日数回に分けて摂るのが賢明と思われていますね!

出来てしまったシミはもちろんのこと、そばかす、紫外線の影響を受けての日焼けなどで発生するメラニン色素を直接分解して無色化する効力を持つ還元美白成分です。また、コラーゲンの生成にも効果的で肌の保水力を高めることが出来るスグレモノ。

しかしご存知の通りビタミンCは、水溶性なので2~3時間で尿と共に排出されてしまうため、1日数回に分けて摂るのが賢明。飲み忘れたからといって、まとめて服用するのはほとんど無駄。よく見かける清涼飲料水などで、「レモン5個分のビタミンC・・・」とかの表記では、レモン1個=20ミリグラムの計算になっているので、シミを消したいと思った場合には全然少ない。こう考えると、やっぱり医薬品は強い味方のようですね。※ちなみにレモンよりもブロッコリーの方がビタミンCがいっぱい摂れます・・・。

 

 L-システイン        

よく知られている効能としては、解毒作用があり二日酔いなどの肝臓を元気にする働きでしょうか?L-システインは(必須アミノ酸じゃなく)非必須アミノ酸(体内で合成されるアミノ酸ということ)のひとつで、メラニン色素を抑制する効果があるので肌の色素沈着に対して有効な成分です。また、シミのできる原因でもある活性酸素から肌を守ってくれる優等生でもあります。ですから、肌の新陳代謝を正常にしてターンオーバーを促して、メラニンが剝がれ落ちるのを助けてくれます。

あと、L-システインの副作用を気にしてる人がけっこいらっしゃるので、ひと言。上記のビタミンCとは違い豆や魚に多く含まれているものなので、普段の食事でも多少なりとも摂取しているはず。病院などでの治療目的の場合の目安が1500ミリグラムまでとなっていますから、過剰摂取にならないように用法容量は指示を守ればOKだと思います。基本的に危険なのではなくて、Lーシステインの過剰摂取は、逆に活性酸素を増やすかもしれないって意味合いです。日本で売られている飲み薬は、L-システインの含有量が著しく少な目なので、まったく問題ない!!って管理人は考えます。

L-システインは単独よりも、ビタミンCと一緒に摂るとメラニンの抑制にさらなる効果があると言われてるアミノ酸です。

 

シミ対策の飲み薬(市販薬)でシミが濃くなった?

「ハイドロキノン系の美白化粧品を使ったら、シミが濃くなった!」とか「シミ対策の市販薬を服用したら、シミが濃くなった!」って感想を述べてる人をよく見かけます。この手の感想やレビューには、理解不足があるのではないでしょうか・・・。

ビタミンCとL-システインの組み合わせは、市販薬でも効果大ですから、早い人では1か月あまりで「1トーン色白な肌に」なってきます。でも、「気になって目に見えてるシミ」よりも、その他の皮膚部分が色白になる方が断然早いのが当たり前なので、目視すると「シミが濃くなった」っと感じるのだと思います。

 

管理人おすすめ!4つ シミ対策飲み薬(市販薬)

 1  ミルセリンホワイトNKB|シミ・そばかす・ニキビ【医薬品 飲み薬】  ミルセリンホワイトNKB

ビタミンC1,000mgに加えて有効成分L-システイン240mgで最大量配合。大手製薬企業のCM「発表。○○○○ー○ブランドから、ついに、しみ・そばかす対策、はじまります・・・」と実は同じもの。かなり安いので絶対おすすめ!ターンオーバーを進めメラニンの排出を促進するビタミンB2、ビタミンEもあわせて配合。粒は小さめで飲みやすい。

  小ジワ・シミに飲んで効くロスミンローヤル  ロスミンローヤル

しみの効能・効果が認められた医薬品は他にもありますが、『小ジワ』への効能が認められているのは、国内ではこれだけ。漢方処方。アスコルビン酸(ビタミンCのこと) 180mg L-システイン 160mg インターネットの公式サイトでしか買えない

 シミ・そばかすを消したい!キミエホワイトプラス|飲み薬  キミエホワイトプラス
ご存知「キミエホワイト」がパワーアップした美白サプリ
L-システインが承認基準の最大量240mg
アスコルビン酸(ビタミンCのこと) 500mg (この配合量はハイチオールCと同量)
※注意:一度買うと、かなり積極的な電話営業があるのが難点・・・。
 【POLAポーラ】ホワイトショット インナーロック IX サプリ  ホワイトショット インナーロック IX サプリ

ポーラオリジナル成分ブランノールR EXで過脂化したメラニン(長年のシミ)に作用する効果が大。メロングリソディン(抗酸化力に優れた成分)配合。ビタミンC ビタミンE。お徳用もある。