シミの直接原因!紫外線を防ぐ「SPFとPA」

シミの原因となってしまう紫外線。この紫外線は肌にとってはとても有害な光線なので、その影響から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。しかし紫外線は、活性酸素をも増加させるためメラニン色素を過剰に作り出すのも得意ワザもあるので、シミを作りたくなければ「日焼けしない!」のが一番重要なことです。

紫外線対策

 

SPF(Sun Protection Factor)とは?

日焼け止めなどのUVケア化粧品でよく見かける「SPF」という文字。通常は、「SPF20」など数字と合わさった形で表示されています。この数字部分が大きいほど日焼け防止効果が高いというのはご存知の通りですが、ここではもう少し詳しく述べてみたいと思います。

サンケア係数(紫外線防御指数)といわれる言葉で、紫外線Bを防止する効果を表したもの。皮膚癌や免疫力の低下、白内障などの病気のリスクを高めると考えられています。選ぶ時には、野外活動や遊びで長い時間紫外線を浴びるような場合にはSPF30以上の日焼け止めが良いと思われます。洗濯物や買い物の時には、SPF10~SPF20程度で対応するのが扱いやすいです。

PA(Protection grade of UVA)とは?

近年「PA」という文字も「SPF」と並んで日焼け止めなどに表示されています。この「PA」表示は「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」があり、+が多いほど、シミやシワを増やす原因となる紫外線A(UV-A派)を防止する効果が高いことになっています。この紫外線(AUV-A波)は、真皮まで到達してコラーゲンなどにダメージを与え、肌を老化させてしまうという女性にとって怖い存在。最高レベル「PA++++」の日焼け止め系では、【POLA】ホワイティシモUVブロック シールドホワイトが定評があり人気も高く特におすすめです。

 

日焼け・シミ対策

シミやシワを作らないための鉄則は、紫外線を浴びないことです。そのためには、真夏だけの日焼け対策(UVケア)ではなく1年を通して日焼け止めクリームなどで紫外線を防止することが必要です。もちろん紫外線以外にもシミの原因はありますが、自分の努力でできることですので積極的に使いたいものです。

しかし、「SPF、PA」効果の高い日焼け止めクリームなどのUVケア商品や美白化粧品をうたった中には、化学物質である紫外線吸収剤などが配合されていることが多く、敏感肌の場合には赤くなったり・・・かゆくなったり・・・肌トラブルになって使えない人もいます。

このような敏感肌の人は、紫外線吸収剤が配合されていない美白化粧品を選ばなくてはなりません。現在ではディセンシア「サエル(saeru)」などがありお試しトライアルセットも用意されていておすすめです。