基礎化粧品に大切なこと(2)防腐剤の話

基礎化粧品を選ぶ時、「防腐剤」を悪者扱いする人がとても多いので驚いてしまいます。これは、みなさまご存知の防腐剤パラベンが表示指定成分に入っているからイメージが悪いためだと推察しています。そこで、この記事では少々理屈っぽくなるのを覚悟で読んでくださる方だけ、お付き合いいただければと思います。管理人の持論を含めて詳しく話をすすめてみます。

では、なぜ化粧品に防腐剤が入れられているのでしょうか?

簡単に言うと、法律で決まっているわけではない?けれど、製造してから未開封で3年の間に腐ったら化粧品として販売することが出来ないということ。さらに、容器を開けて使い始めると雑菌が混ざるのは間違いないので、継続して変質等が生じないようにするためです。(継続しなくてもよいなら、作るときに殺菌すれば済む)これは、私たちが最後の一滴まで安全に使えることを意味しています。

とにかく基礎化粧品には、雑菌が大好物の栄養がたっぷり含まれていますから、思った以上に腐りやすいんです。手作りの梅干しやジャムには、大量の塩とお砂糖が入っていますが、これだって下手すりゃカビるんですから・・・。

 

天下の嫌われ者「パラベン」について考えてみよう

防腐剤パラベンは、ごく少量で防腐効果があり、安全性も群を抜いて高く、とても低刺激で、安上りで、他に代わるものは見当たらないと思います。もちろんパラベンを使わずに、他の防腐効果がある成分を入れて化粧品を作ることはできます。嫌われ者「パラベン」を使っていないことが商品の宣伝になっていたりもしますしね。

化粧品メーカーが化粧品を作るために材料を仕入れたら、そのほとんどの原材料にはすでに防腐剤が含まれていると思われます。だって、メーカーが製造する過程において変質してしまっては困りますから・・・。

それに私たちが普通に口にしている食品や飲み物、医薬品・・・を調べてみて欲しいのです。ありとあらゆる物に活用されています。(※パラベン=パラオキン安息香酸)ですから、嫌われ者「パラベン」ではなくて、スグレモノ「パラベン」ではないでしょうか?

スグレモノ「パラベン」は少量で防腐効果がありますが、他の成分でまかなおうとすると何倍もの量を配合しなくてはいけないことになります。するとその分、他の成分を減らさなければならなくなりますから、まったくの本末転倒ですね!

また、他の防腐剤の中にはphによって抗菌効力が低くなるものや、水に溶けにくい性質のものの場合は、それを補うものが更に必要になったりと添加物が増えてしまいます。(※肌にも良くて防腐効果のある成分も一部ありますが)

ですから基礎化粧品を選ぶ時には、どうしてもパラベンが合わない人でない限り、あまり神経質にならずにお試しセットなどを十分活用しましょう。

現在では、何にも取引がない人にDMを送ったりすることが法律で禁止されていますから、トライアルセットを買ってもらってメールやDMで販売促進をしたいという目的もあるのは当然ですけど、美白系化粧品は医薬部外品で効果も高いけど、どうしても一部には合わない人も出ます。アレルギーを起こす成分は、ひとりひとり違います。その対応のためでもありますから、お試しセットやサンプルが用意されている会社のものが、安心で誠意的だと考えてよいと思います。

そういう意味では、同じメーカーの基礎化粧品でも、店頭販売されているよりも通販専用ブランドの方が効果は高い傾向にあるようですよ。お値段も高い傾向・・・。

 

無添加化粧品の謎?を解くカギ

パラベンとは違い、みんな大好き「無添加」のお話をしましょう。今や「無添加化粧品」「ノンケミカル」など、ちまたにあふれていますが、「無添加=安全」なのでしょうか?

結論から言うと、そうでもないかも?・・・です。

ひと時代前には上記のパラベンのような「表示指定成分」という決まりがあったので、まじめな化粧品メーカーは「表示指定成分無添加化粧品」などと分かりやすい表示がなされていました。その後、ご存知の通り「全成分表示」が必要になっていますが、一般の消費者でこれらの成分を理解できる人はほとんど皆無だと思われます。同じ成分なのに、メーカーによって表示されている名称も違うため更にむずかしいものになっているようです。

不誠実な商品になると、積極的に誤解させるような宣伝をして売りつけようとする販売業者も山のようにあります。その商品製造を委託された化粧品製造メーカー側は、名前が表には出ませんから注文があれば引き受けるわけで、もちろんどんな宣伝文句で売るのかまでは知らない可能性もあります。これでは、一生懸命まじめに開発して売っているメーカーがかわいそうだと思いませんか?宣伝文句に惑わされないようにしたいものです。

もし、防腐剤不使用の化粧品を使う場合には、ケチらずに指示通りに使い切りましょう。

ついでですけど、オーガニック化粧品の場合には防腐剤として化学物質は入れたくないですので、長期間保存可能にするために天然由来の保存料を使うのが一般的です。有名どころでは、「ローズマリーエキス」「セージ油」「熊笹エキス」「ヒノキチオール」などがあります。一部には懐かしい殺菌効果狙いの「アルコール」が配合されたものもあります。

 

ちょっと休憩!

先日、わが社の若い人とスポーツクラブへ行きました。
法人契約になっているので、交代で使っているんです。

二人で仲良くサウナから出て、鏡の前で女子が「この化粧水(タダで置いてある)、すっごい浸透力!!!」と言って大感激していたので、興味深々で成分を確認。

おまけに「無添加」の文字が・・・。

すると、アルコールたっぷり化粧水で、使用感が爽やかで蒸発が早いだけだったと判明。大笑いしてしまいました。

しかし、アルコールが肌に浸透しやすいのは事実で、大量配合じゃなければ個人的には飲むのもつけるのも嫌いではありません。水溶性と油溶性の両方の特性を持つので、奥の方まで浸透させることができます。(※角質は水溶性と油溶性の両方の特性を持つ成分が一番浸透し、その奥の層からは水溶性のものが浸透しやすい)

何かの理由があって、微生物が化粧品の中で繁殖しにくいように、アルコールを盛る必要があったのだと良い方へと解釈し、私も使ってみました。

防腐剤といえばアルコールたっぷりが普通?の時代があったのを若い人は知らないんですね~ なぜか、懐かしく感じた瞬間でした。

 

防腐剤フリーのオーガニック化粧品となると、冷蔵が必要だったり、使用期限が短いものになるはずです。

まじめなオーガニック化粧品は、有機栽培で育てた植物を使用していることや美容効果と防腐剤を兼ねたローズマリーエキスに代表される成分が大量(パラベンのように少量では防腐効果が低い)に配合されるので、価格帯は高くて当たり前。反対に不真面目なオーガニック化粧品だと、値段はそこそこ高く取れるしシメシメ・・・ってところでしょうか。全成分を調べて慎重に選んで買わなければいけません。

ですから、基礎化粧品を選ぶ時には「シミを消したい」「シワを伸ばしたい」「オーガニックでないとヤダ・・」「肌の状態が元気ならOK」など、自分の主たる目的をはっきりさせてから選ぶことが大切です。シミ取り系美白化粧品は開発費もかかって高価だし、オーガニックは、原材料が高いですからね。

参考記事⇒基礎化粧品に大切なこと(1)浸透力の話

参考記事⇒基礎化粧品に大切なこと(3)オーガニックの話

参考記事⇒基礎化粧品に大切なこと(4)界面活性剤の話

参考記事⇒基礎化粧品に大切なこと(5)成分表示の話

最後まで読んでくれて、ありがとう。