夏肌のお手入れのコツ

『真夏の紫外線対策は、完璧!」シミ対策を考えてる人なら、こんなことは常識です。すでに何度も述べていますが、紫外線はメラニンを増やして肌の角層や表皮から水分を奪いバリア機能を弱体化させます。しかし、汗ばむことで肌がしっとりしていると勘違いして、寒い時期よりもスキンケアの手を抜く人が多いのではないでしょうか?

「実は、肌老化は夏に一番加速するのです。」

確かに夏の肌は、遊離脂肪酸と呼ばれる皮脂の一種が増えるために、超乾燥肌の人でもべたついて化粧崩れしたりしますので、大きな勘違いをしているのです。この遊離脂肪酸は、私たちの肌に「ごわつき」や「くすみ」などをもたらすことで知られていて、なんとなく肌の調子がおかしい・・・と感じたら疑ってみることも必要かもしれません。

夏肌のお手入れ

 

夏肌のお手入れは、ケチらずサボらない!

結論としては、洗顔後の肌が冬よりもつっぱらないから、スキンケアの手抜きするというのは御法度だということ。冬はたっぷり使うのに夏はケチるのもダメ!

夏肌は、思ったよりも水分が不足してしまって真皮から潤いを補給しようとしますので、脱水状態になりやすいのです。これに紫外線ダメージが加わるとどうなるか・・・想像できますよね?もっと言うと、スキンケアアイテムを減らすのではなくて、増やすくらいがちょうどいい。でないと、夏が終わるたびに「年をとる」可能性が大です!

これは、夏になると汗をかいたりするから少し食べる量が増えても大丈夫という勘違いににています。実際には体温を保つためのエネルギーがいらなくなる分、冬よりも太りやすい。ですから、「夏太り」するのが正常で健康なわけで、「夏痩せ」するのは夏バテして食欲減退している不健康な状態だと言えます。

肌がベタつくからといって、保湿ケアをしたくない!などサボらないで夏を乗り切っていきたいものです。

 

夏肌のお手入れ 「敏感肌」に大変身する!

湿度が高い日本に住んでるから「夏の肌は乾燥しない」と私たちが誤解してしまう原因は、「空気が乾燥するから肌の角質層から水分を奪ってしまう」って考えてしまうからではないでしょうか?確かに肌乾燥の原因のひとつではありますが、これだけではないんです。

もし健康的で元気いっぱいな肌だったら、バリア機能がちゃんと働いてるので空気が乾燥していたって肌の内部の水分が奪われることはありません。このバリア機能が上手く働かなくなる「夏季」における原因として、夏の紫外線やエアコンの冷気と外気によって湿度変化などの刺激、汗などがあげられます。

私たちの肌は、気温や湿度の変化を感じ取り「強い摩擦」と同じようにストレスを受け取り、バリアの機能低下を引き起こす男性ホルモンが分泌されやすくなります。すると、肌にとって大切なバリア機能が失われてしまい、角質内の水分が蒸発するのを防げなくなった状態は、まさしく敏感肌に変身してしまったってことと同じです。また、夏の時期に乾燥・敏感肌に大変身すると毛穴が詰まりやすくなり、いわゆる「大人ニキビ」が出来やすいんです!経験ありませんか?

ですから、紫外線対策に加えて保湿を考えたスキンケアが重要ってことになります。でないと、せっかく効果的で高価な美白化粧品を使っていても、効果薄になりかねません。

 

夏肌のお手入れが、若さに「差」をつける!

夏肌の要注意人物は、こんな人? 

1.冬は肌が乾燥してカサカサなのに、夏になるとTゾーンが脂ぎってくる。

2.エアコンのある場所に居る時間が長い。

3.夏は肌がベトつくので、クリーム類は使わない。

4.夏になると、ニキビが出来やすくなる。

5.毛穴の開きや黒ずみが気になっている。

6.脂取り紙を頻繁に使う。

どうですか?3つ以上も当てはまる人は「要注意人物」認定です。

夏肌の要注意肌は、老化を早める! 

私たちの夏肌は、ツヤがあって保湿は充分に見えます。でも残念なことにそれは、おそらく「汗」と「皮脂」。

夏の強い紫外線やエアコンなどによるによるダメージで、シミの大敵である活性酸素が増加して、肌の新陳代謝の周期が遅くなってくると、とても元気がなくなります。すると上に書いた通り、バリア機能が低下して乾燥し敏感肌に変身するのです。

すると、皮膚の水分を守ろうとして皮脂をどんどん出して「見た目健康そうな?テカテカ顔」になります。しかし肌表面とは裏腹に、俗に言うインナードライ状態というわけです!このインナードライは、シミはもちろんのこと、シワなどの肌老化を一気に加速させてしまいます。

そうです!1年の中で一番「肌の老化」が進むのは「夏」なんです。

コラーゲンを痛めつけて深いシワを作り、メラニンを自前で処理できないほど過剰生成し、放っておくと老化促進してしまう・・・。しかし言い換えれば、夏の肌のお手入れを正しく適切に行えれば、夏に老ける人との差は大きいといえます。

参考記事⇒美白化粧品おすすめ!お試しトライアルセット一覧

 

生活習慣を点検する        

シミやシワを予防してバリア機能を高めるためには、食生活が大切な基礎となります。五大栄養素といわれる炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン類・ミネラルをバランスよく摂取しましょう。特にシミを作らせない肌を守るためには、メラニン生成を抑えてくれるビタミンC や肌の新陳代謝を整えてくれるビタミンAや抗酸化力が強いペプチドなど積極的に食べるように心がけるといいですね!

また、タバコはできれば止めること。どうしても無理な人は一日10本以内に・・・。血行が悪くなりシミの原因になる活性酸素を発生させてしまいます。

※参考記事⇒シミを消したい時の栄養素

※偏食やダイエット中の方は、医薬品サプリを活用するのもGOODです。
現在のところ一番のおすすめは「ミルセリンホワイトNKB」。「発表。○○○○ー○ブランドから、ついに、しみ・そばかす対策、はじまります。」というCMの商品と実は同じもので安いです。(ビタミンC1,000mg、L-システイン240mg配合はしみやそばかすの医薬品で最高配合量)

強いストレスを感じる状況では、肌のターンオーバーが遅くなりますので、過剰生成されたメラニンが排出出来ずにシミとして残ってしまいます。深呼吸するなどして、リラックスできる時間を増やす工夫をして下さい。

良く言われることですが、睡眠不足も良くありません。健康な細胞は、夜寝ている時に活発に再生されますから、夜更かしはほどほどにシンデレラタイムは厳守しましょう。