妊娠とシミの不思議な関係

妊娠中や赤ちゃんを出産した産後に、顏だけじゃなく「全身にシミやそばかすが出来た!!」って人は、とても多いと思います。1年くらい経過すると「自然にしみが消えた」人もいらっしますし、シミそばかすがそのまま残ってしまう人もいますね。

また、1人目の産後は、放っておいたらシミが消えたのに、二人目の時に出来たシミは消えない・・・ってこともあります。顏のシミはもちろんのこと乳首だけじゃなく、肘なんかも黒ずんで・・・もう、いたるところが黒くなるって感じ。管理人の場合なんか「いっぺんにオバさんの仲間入り」したような気分でした。

妊娠中、産後ってホントに恐いくらいシミできますよね?

妊娠・産後のシミを消す

では、安心するためにも「妊娠したらシミができる」原因から探っていきましょう。

妊娠中にシミができる原因

妊娠中や産後にできるシミ・そばかすは、ホルモンバランスの乱れが多く関係しているというのが通説となっています。

どういうことかというと、

妊娠すると増えるプロゲステロンという女性ホルモンは、赤ちゃんを産むために必要なものなのですが、困ったことにシミやそばかすの元であるメラニンの製造所「メラノサイト」を応援する作用もあるのです。

さらに出産すると、シミそばかすの原因となる「活性酸素」の働きを抑え込んでくれていたエストロゲンという女性ホルモンの分泌が急激に減るため、外部からの刺激を受けた時に炎症を起こしやすくなったり、色素沈着やシミができやすくなります。

もっと言えば、ホルモンバランスが変わったことでメラニンを排出するターンオーバー(新陳代謝)も正常に働かなくなるので、シミが濃くなったり増え続けてしまうという悪循環になってしまうんです。

よく見たら、お腹も黒ずんでいたりしませんか?妊娠線と顔のシミが残ってしまう人が多いようですけど、お腹が茶色っぽくなったのは、時期が来ればちゃんと治ります。(念のため)

このような女性ホルモンのバランスが妊娠前の状態に戻るまでに、半年以上もかかることが分かっています。このことから、出産後にシミ対策を何もしなかった人の中で、1年後くらいには消えた・・・って人がいることが理解できると思います。

肘やひざなどの黒ずみは、なかなか元に戻りにくい場所のひとつです。顔のシミとは違い、肘をついたりすることの摩擦刺激もあるので、時間がかかるようです。ずいぶん昔のことになってしまいましたが、管理人の時代はフローリングの部屋が一家に一部屋って感じでしたから、膝をつく動作が多かったのでバレーボールの膝プロテクターを付けたりしてました・・・(笑)

 

妊娠中&産後にできた「シミ」対策に有効なケア

赤ちゃんをお母さんのお腹の中で、元気に育てて出産するための大切な働きをする女性ホルモン機能を操作することが出来ない以上、シミや黒ずみ対策はどうすればよいのでしょうか?

上にも書きましたが、病気じゃないのに赤ちゃんがお腹にいる時から始まって、出産後にも女性ホルモンが通常と違うバランスになっていることで、いつもより肌はとてもデリケートで、紫外線の影響も受けやすくて敏感な状態になっています。

 

 紫外線対策をしっかりする   

当たり前ですけど、紫外線を出来るだけ防止することが必要。日焼け止めクリームなどを積極的に活用して、恐れすぎないでストレスのないエンジョイした生活を心がけましょう。ここでは詳しくは書きませんので、時間がある人は下記の記事を読んでみて下さい。

参考記事⇒シミの直接原因!紫外線を防ぐ「SPFとPA」

 

 美白ケア化粧品を使う     

妊娠中や出産後には、敏感肌になったつもりで、刺激が少ない基礎化粧品から選ばなくてはなりません。さらに、統計では「肝斑」のシミになる方がなんと!!40%以上だそうですから、肝斑にも有効なコスメがいいと思います。

妊婦さんや産後ってことを考えると、「ハイドロキノン」系は避けた方が安心だと思いますので、現在管理人の知りうる化粧品の中では、定評があるマルガレッタが一番のおすすめ!

マルガレッタ(医薬部外品)

・肝斑の治療にも使われる成分「トラネキサム酸」配合で◎妊婦さんや敏感肌でもOK
・低下しているバリア機能を助ける
・定期購入がお得になっているけど、定期の縛りがない。(いつでも中止OK)
・返金保証30日
※美白オールインワンゲル+ しみ消しスポットクリームがセットでも試せる。

初回だけ安くなっていて、良く見ると4回は買わなければダメ・・・とか、イヤらしい?定期購入の縛りがなくて好感が持てる商品です!


追記
管理人はとても変わり者なので、生まれ変わりも神様も(もちろん宇宙人も)信じています。ぜひ、世の中を背負って立つような立派な大人に育てて下さい。もし、頼れる人が身近にいるなら、一人で無理をせず甘えるのも幸せになる秘訣ですよ!なんたって、お母さんが毎日笑顔でいる事が赤ちゃんにとって、一番の栄養なんですから・・・。