車のガラスでUVカットは出来るのか?

女性が車に乗る時に、フロントガラスなどがUVカットになっているはずなのに長い手袋をはめて完全武装しているのを良く見かけます。このUV手袋は不要の産物なのか・・・それともはめるべきなのか・・・疑問に思ったことありませんか?

真夏の暑い時期にエアコンが効いているとはいえ、長い手袋はやっぱり暑苦しいしめんどうですよね!日本の車の場合、大昔の車でなければ、高級車に限らず間違いなく「UVカット」ですって小さく表記されています。

本来「ガラス自体」には紫外線防止効果があるというのは有名なお話で、「UVカットガラス」ではなくても、シミの原因になるメラニン色素を増やしたり、日焼けになるような透過量ではないらしいんでかなり有効だと言えそうです。でも車に乗ってると片腕だけ日焼けしたりしますよね~。詳しく調べてみると・・・。

車のガラスでUVカットできる?

車のガラスがUVカットならシミはできないのか?

車がUVカットガラスの場合、ほぼ100%に近く各派の紫外線は防げています。なので、車の中に居ればシミや日焼けの心配はありません。では、なぜ片腕だけ日焼けするのか?って疑問が残ります。

そこで、女車オタク?のエンスーMさんに聞いてみると、

「車のフロントガラスは、ガラスとガラスの間に特殊な膜を挟んだガラスが使われていて9〇%のUVカット率だけど、ドアガラスはただの強化ガラスなのでUVカット率は少し低いの。以前はガラスに塗って使う(透明)UVカット液を使っていたけど、最近はUVカットガラスなので使っていないし商品も見かけなくなったねー。違法にならないリアガラスと後ろのドアガラスはサングラス(コーティング)してる」って教えてくれました。

この返事から考えると、車中ならば気にしなくてもいいけれど完全武装した方が尚良い!ってことでしょうか・・・。実は、ただのガラス越しの場合でも有害なUV-Bはほとんど透過しないんです。

結論としては、長時間の炎天下ドライブなら長い手袋や日焼け止めを腕にも塗る方がいい。チョイ乗りや通勤程度なら、あまり神経質にならなくても大丈夫なのではないでしょうか。

ただ、車で外出した時は歩きの時よりも紫外線対策が無防備になりがちですから、駐車場から目的のお店まででも日傘などの使用をおすすめします。

ちなみに私は、顏には日焼け止めを使っていますが長い手袋は心地よくないためしてません。

 

|BMWなど外車のガラスはUVカットじゃないの?

実は、外車のガラスには「UVカット」の印がないそうで非常によく聞かれる質問のひとつです。これもエンスーMさんに確かめたところ、

「BMWもメルセデスもちゃんとUVカットガラスだよ。外人さんには、UVカットガラスじゃないから買わないとかの選択基準がないからじゃない?私もよく聞かれるけど・・」との由。

みなさん、安心して外車買ってくださいな!!