シミに効果的な飲み薬 (市販薬編)

シミを消す効果が認められた市販薬の飲み薬は、ドラッグストアやWEB通販でも多く存在しています。しかし、そのレビューや口コミは、すこぶる悪いようです。では、本当に効果はないのでしょうか・・・?いいえ、そんなことはありません。シミ対策の市販薬は、「すでに出来てしまったシミをターオーバーにより消していくと共に、新しくシミを作らせない」事を期待して服用するものです。ですから、即効性をあまりにも期待して服用して、「効果がない」とあきらめるのは、もったいない限りです。ぜひ正しく理解して活用したいものです。飲み薬だけでシミが消えたって人も大勢いますし、飲まないよりも飲んだ方がシミが早く消えるのは当然だと言えます。

そもそもメラニンは、私たちの肌を守るために作られるもので、表皮と真皮の間にある基底層でバンバン製造されます。その理由は「真皮」にまでダメージを到達させまいとしてバリアを作っている防御反応なんです。もしダメージが真皮にまで及ぶと、美白化粧品単独でシミを消すのはほとんど不可能になるかもしれません。(※真皮のターンオーバーは、健康な人で5年以上と言われています)

美白になる方法『食べ物』編

別の記事で、出来てしまった顔のシミを取る方法は「たった3つ」だと述べました。ここでは、シミを新たに作らさない・・・色白を目指す・・・シミ取り美白対策への強力サポートとして、食べ物について考えてみたいと思います。ターンオーバーが正しくなれば、シミ取り対策の成功が見えてくるのも早まります。

美白になる方法『洗顔』編

私たちが毎日する洗顔でシミを作らない、できれば美白になる方法があればいう事はありません。効果のある美白化粧品を使ったり、シミ取り対策や日焼け防止をしっかりやっていても、間違った洗顔方法で行っているとしたら残念なことです。ここでは、洗顔について考えてみたいと思います。

シミの直接原因!紫外線を防ぐ「SPFとPA」

シミの原因となってしまう紫外線。この紫外線は肌にとってはとても有害な光線なので、その影響から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。しかし紫外線は、活性酸素をも増加させるためメラニン色素を過剰に作り出すのも得意ワザもあるので、シミを作りたくなければ「日焼けしない!」のが一番重要なことです。