トラネキサム酸配合の化粧品の効果について

トラネキサム酸のシミ取り効果については、美容皮膚科などで「しみ」や「肝斑」の治療に使われることからご存知の方が多いと思います。また、その美白効果は厚労省から承認されている成分でもあります。

美白成分「トラネキサム酸」とは?

ひと言で言うと、トラネキサム酸は人工的に生成されたアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制できる成分です。このトラネキサム酸は、一般に買えるものとしては、飲み薬と肌につける化粧品があります。

本来は、炎症を抑える作用を利用したり止血剤などとして医師の治療に使われています。日本ではトランサミンと呼ばれていて、飲み薬は市販されているので薬剤師がいる薬局で買うことができます。血栓を溶けにくくするので、薬剤師に相談してからがいいですね。通常は在庫してないドラッグストアが多いはずなので、注文すると取り寄せてくれます。

※具体的には、第一三共ヘルスケア「トランシーノ」
60錠入り1,800円(税抜)・120錠 3,400円(税抜)・240錠 6,300円(税抜)

参考記事⇒顔のシミを取る【肝斑かんぱん】編

参考記事⇒美白化粧品を選ぶために重要なシミに有効な成分

 

トラネキサム酸配合の化粧品の効果について

トラネキサム酸を配合した美白化粧品は、少なからず商品化されています。肝斑やそばかす、しみ等に効果的なトラネキサム酸を化粧品として顔に塗った場合、飲み薬とは違い血液が固まりやすくなるという心配がありません。

誰でも欲しければ購入できる市販の商品ですから、ほとんど副作用の心配がないように配慮されている分、しみ取り効果は時間がかかるので気長に使う方が得策です。

トラネキサム酸のしみ取り効果は、メラニン色素の製造工場「メラノサイト」に直接作用するのではなくて、メラニンの製造をじゃまする効果でシミを薄くしていく成分ですから・・・。


美容皮膚科などでのシミ治療においても、トラネキサム酸の服用では肝斑などのしみが薄くならなかった患者さんにトラネキサム酸の外用で、効果が上がったという例もあるようです。

ここまで説明してきた通りトラネキサム酸は、すでに出来てしまったシミや肝斑、そばかすを改善する効果がありますが、予防効果もあるので試さずにはいられない成分でもあると言えそうです!

にきびが原因のシミについて

「にきびは、青春のシンボル」と言われたのは、ひと昔前のこと。現在では、にきびの治療を病院でも受けられます。やっとニキビが治ったら、にきび跡がシミになっていつまでも残ってしまうことがあります。紫色のニキビ跡は、血がにじみ出て皮膚の真皮層で内出血状態になっているもので、打撲跡と同じように黄色になり時間経過とともに消えてなくなるので、ここでは述べないことにして、厄介者の茶色く残ってしまったニキビ跡について考えてみましょう。

茶色のにきび跡のしみ

厄介者の茶色のニキビ跡は、そうではないシミと同じように、炎症が起こり皮膚への刺激を受けてメラニンが活性化して大量生産されて色素沈着したもの。

にきびを潰すな!といわれるのは、ばい菌が入って化膿する心配もありますが、必要以上に肌への刺激を与えないためでもあるのです。痛痒いからといってゴシゴシ洗顔するのは、賢い洗顔とは思えません。

 

「大人にきび」は、シミになりやすい

思春期を過ぎて大人になって出来たニキビや吹き出物は、未発達の毛穴に過剰分泌された皮脂が溜まってニキビができるのとは違い、シミとなって跡が残りやすいし治りにくいのが特徴です。

大人にきびは皮脂分泌の多いTゾーンだけではなくて、口の周りや顎などの皮脂分泌が比較的少ない場所にもできます。

大人にきびが出来る原因として、食生活の乱れやストレス、睡眠不足といった不規則な生活習慣によるものだと言われています。子育て中や仕事を持っている人の中には、規則的な食事時間やストレスフリーは難しいかもしれませんが、暴飲暴食や野菜不足、睡眠不足などは各人の心がけで改善できるはずです。

瞑想はムリとしても緊張を解きリラックスできる時間を楽しむ工夫が大切です。ストレス過剰な時には交感神経が高まり、眠れない・・・皮脂の分泌量が多くなる・・・など美肌から遠くなってしまいますから。

それと忘れてはならないのが「便秘」です。体に不要な排泄物は、サッサと出すべきもので大事にお取り置きしていてもろくなことはありません。排便ができないと皮膚の毛穴から腐敗発酵した有害物質を出そうとするらしいですよ!便秘がひどい人は、便秘症の原因にも種類があるらしいですから病院でお薬をもらうのも方法のひとつです。(私は、そうしてます。腸が普通より長いんです)

 

大人ニキビの正しいケア方法

では、大人にきびが出来てしまった時にどのようなケアが正しい方法なのか考えてみましょう。

大人になってニキビが出来た場合には、思春期にきびとは違い紫色で痛々しい炎症性ニキビはめったにありません。ほとんどが吹き出物かニキビか、白ニキビか分からないようなものです。

跡が残りやすい「大人にきび」の場合には、跡が残って後悔しないようにケアをするのが賢い考えと言えそうです。

 

1.まず、市販のにきび用の塗り薬を使う場合の注意点

にきび用の塗り薬の有効成分は、どの塗り薬も炎症を抑える成分や抗菌する成分が入っています。しかし、思春期ニキビ用薬には皮脂を強力に吸収するような成分が使われているので、必要以上に皮膚が乾燥してしまうため逆効果になることもあるんです。大人にきび用の塗り薬(肌の新陳代謝を促進する成分が入ったもの)を必ず確認して購入して下さい。

 

2.大人ニキビの洗顔

にきびを治すためには、肌を清潔にするのが鉄則です。しかし、皮脂を気にするあまりに一日に何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗っているとしたら大きな間違いです。

私たちの肌は乾燥して潤いが不足すると、肌を必死に守ろうとして皮脂をどんどん分泌するのです。たとえば「あご」の部分に汗をかくことが少ないですよね?これは汗腺が少ないからです。汗腺が少ないってことは、肌が乾燥しやすい。乾燥しやすいから皮脂が過剰に分泌してしまい、毛穴が詰まってニキビができやすいんです。

ですから、皮脂や角栓を落とそうとしてゴシゴシ洗うことは避けて、刺激が少ないものを選び朝晩2回しっかりとメイクや汚れを落として、酸顔料もきれいに洗い流すことが大切です。

※髪の毛の整髪料などが顔に触れない工夫もしてみて下さい。

3.大人ニキビのスキンケア

寝不足やビタミン不足、便秘、ストレスなど、ニキビができやすい習慣をやめたあとは、スキンケアです。

先に述べたとおりに一般的なシミと違いますから、ニキビが原因で出来てしまったシミ・ニキビの炎症が原因となる毛穴の黒ずみや開きも防止できる有効成分とターンオーバーを改善する有効成分が両方配合されていれば完璧です。

大人ニキビ向けの化粧品がたくさん出回っていますので、研究するといいですね。返品保障やお試し商品がちゃんと用意されているのから選びましょう。地味ですけど、個人的におすすめなのは↓


シミを消すための ピーリング(自宅ケア) 石鹸編

「シミを消したい」「シミをどうにかしたい」と思う時に、効果的な対策のひとつに ピーリングがあります。ここでは、自宅でケアできる方法としてピーリング効果が期待できる洗顔料をとりあげてみたいと思います。以前の記事でも詳しくとりあげましたが、その美白効果について簡単に説明します。

そもそも「ピーリング」をする目的は、皮膚の新陳代謝を促すことにあります。
皮膚の古くなった角質を除去して新陳代謝を活性化させて、肌のターンオーバーを正常に戻すことですから、正しく行えればシミ対策にも非常に有効だと思います。メラニン色素を剥がれ落とすために、正常なターンオーバーが必要なんです。また、どんなに優秀な美白化粧品を使っていても、不要な角質でゴワゴワ状態の肌には美白有効成分だって届きにくくなります。

そこで「ピーリング」の出番があるわけですが、美容皮膚科の施術では「化学薬品の酸」を使用して古い角質を取り除くことになります。剥がされた角質には治療したい箇所だけでなく、肌にとって必要な保湿成分も含まれているので施術後の肌は乾燥しやすく、シミを作るメラニン細胞が刺激を受けて高価な(1回約10000円位かな?)ケミカルピーリングが逆にシミを作る原因となってしまうこともありますね。

美白化粧品のシミ取り効果を検証

世にあふれる『美白化粧品』。はたして本当にシミが薄くなって行くのか・・・?気になります。また、美白化粧品を使って実際にシミが消えた!って人がいるのか・・・?気になるところです。ここでは、顏にすでに出来てしまったシミに限定して、考えてみたいと思います。

シミ ・そばかすに効果的な美白サプリメント

シミ予防ではなくて、すでに出来てしまったシミ ・そばかすを「美白サプリで薄くしたい・・・」「できれば、シミを消したい・・・」と思っている時、一番重要なことは美白する効果のある成分の量です。このことから考えると、一般の流行の美白系サプリよりも医薬品メーカーが作っている第三種医薬品を選ぶ方に軍配が上がることになります。

現在では通販等で、厚生労働省が認めた配合量の限度量いっぱいの効果的な医薬品もあります。美白化粧品や各種レーザー治療とは違い、ある程度長期間の服用が必要となりますので安全性も考慮して製薬会社のサプリを選びたいものです。さらに言うとすると、メラニンが肌の真皮にまで到達してしまうと、シミを取る(消す)のが美白化粧品単独では、非常に難しくなってしまいます。なんたって、真皮のターンオーバー周期は、5年程度(加齢やストレスなどで、もっと先になります)を要するといわれていますから、その間じっくりと飲み続けることになってしまいます。

遺伝性のシミ・そばかすを薄くしたい

「遺伝性のシミやソバカスですね!」って言われたら、誰でもきっと落ち込みます・・・。確かに、親の悪いところは必ずと言っていいほど似ています(管理人)。最近のポーラ・オルビスグループの研究によると、”縄文人はメラニン生成に関与している MC1R1の遺伝子「シミ型」を持つ”らしいと発表していました。何でも、縄文人と渡来系弥生人は異なる起源を持つ集団であり、別々に日本に入ってきたから日本周辺部出身者(九州・東北・北海道)で「シミ型」が比較的多いらしいのです。

遺伝性のシミでは、ソバカスが一番多いと思います。では、どんなシミ対策がシミを薄くしたい時のポイントなのか、考えてみましょう。

顔のシミを取る【老人性色素斑・日光性色素斑】編

老人性色素斑・日光性色素斑とは最も一般的に出来るシミの種類で、その名の通り日光の紫外線の影響などにより出来てしまったメラニン色素が肌細胞を老化させて肌の表皮に色素沈着したものです。よって、紫外線が当たりやすい頬骨や腕や肩などに出来やすいシミで、30才を過ぎた年代からできるようになってきます。

顔のシミを取る【色素沈着】編

色素沈着によるシミは、ニキビや肌荒れなどで皮膚が炎症を起こしたもの、各種レーザー治療の後に治療をした場所に発生するものなどがあります。見た目のシミの色は、赤味を帯びたものから褐色や黒褐色まで様々で、一般的なシミとは違ってケガをしたようなもの。

顔のシミを取る(消す)方法【そばかす】編

シミの一種である”そばかす”。そばかすとは、おもに目の周りや鼻周り・頬などにできた小さい茶色いシミが散らばったようになっている症状のことで「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも言います。子供に可愛く出来たソバカスをイメージする人も多いと思いますけど、思春期以降の大人の場合には悩んでしまいますね・・・。では、そばかすは消すことができるのでしょうか?原因を含めて考えてみましょう。

顔のシミを取る【肝斑かんぱん】編

顏のシミには様々な種類と原因があることは、ご存知の通りです。そこで今回は、シミの中の「肝斑」について詳しく解説してみますので、肝斑というシミを取る(消す)方法があるのか?も含めて、ぜひ参考にして下さい。

 

肝斑(かんぱん)ってどんなシミなの?

女性の顔に多く見られるシミで、目の下あたりから頬骨に沿って(普通のシミよりもチョッと大きい)左右対称にできていて、目の周りを避けるように発現し輪郭がはっきりしない薄い褐色のシミなのが特徴です。目のまわりを避けて、目の下を縁取るように現れる事が多く、皮膚の深い部所に炎症を伴って出来ているもの。肝斑がよくできる場所としては、紫外線がもろに当たりやすい前額・頬骨・唇の上、下顎です。